理念

Home  >>  理念

リベルタ学舎の理念

「すべてのこどもが、未来に希望をもてる社会へ。 私たち自身が、『希望』になろう!」

クロマニョン人になって20万年、私たちは変わらぬこの身体と心で、知恵と力を寄せ合って、今日まで生き延びてきました。
いま・ここにいる私たちは、誰もがそのなかに、生きる力を十分にもっています。
自信をもって、みずからのその手で、未来を切り拓いていきましょう!

すべてのおとなが今を幸せに生きていれば、きっと、すべてのこどもが未来に希望をもてる。
他ならぬ自分(あなた)自身が、諦めたり手を抜いたりせずに、まずはしっかり幸せになる。
もしも幸せになれない問題があるのなら、みんなで解決していく。
それこそが、次の社会をつくる当事者たちに「希望」という最高のギフトを贈ると、私たちは考えます。

「普通のわたし」が、周囲と助け合うなかで、自分で未来を切り開き、夢や志を実現できると信じられるようになること。
そして、そんなわたしたちが、実際にチャレンジできる環境をつくること。
「学び」「実践」「仲間づくり」を通した、「ひとづくり」と「場づくり」。
それが、生きる知恵と力を高めるリベルタ学舎のミッションです。
 
よかったら、一緒につくりませんか?
人類史上いちばん幸せな、「わたし」がいる社会を。
こどもたちの目が、いつも希望に輝いている社会を。
いま・ここにいる、わたしたちの手で。

いつでも、遊びにきてね!

言い出しっぺ・湯川カナ

libertad_image_web

「リベルタ学舎」とは

自由な人間を育む学び舎

「リベルタ」は、スペイン語のLibertad。
「自由」を意味します。

リベラル・アーツの「リベラル」と同じで、この単語には、「解放する」という意味があります。
もともとリベラル・アーツとは、古代ギリシャやローマ時代に、それを学ぶことで奴隷から自由市民となる教養のことでした。

「学び」を通じて、じぶんを解放してほしい。
そして自由な人間として、いきいきと、明日をつくるひとになってほしい。
「リベルタ学舎」という名前には、そんな思いが込められています。

キャラクター

コマドちゃん

logo-libertad

ちいさな窓から、こっちを見ている、女の子。
この子がいつも笑顔でいられる、未来をつくろう。
未来のこの子に恥ずかしくない、今日を生きよう。

この子は、未来からやってきて、ちょこんと私たちを見ています。
いま、コマドちゃんは、笑っていますか?
まずは、私たちが、笑顔でいなくちゃね!

作者は兵庫県のキャラクター「はばタン」や交通系ICカードPiTaPaの「ぴたまる」を手掛けられた、イラストレーターのJUNBOwさんです。

いいだしっぺ・湯川カナより

kana
こんにちは。リベルタ学舎の「言いだしっぺ」
湯川カナです。

「変化」の時代に、私たちは生きているのだなあ、と思います。
20年前、みんながスマホを持っているなんて、誰も考えませんでした。
少子高齢化で人口減の時代も、人類史上初めて。
20年後、いったい私たちは、こどもたちは、どんな世界に生きているのでしょう。

たまたま私は、ヤフー!創設という、IT時代の幕開けに立ち会いました。
たまたま、東京の地下鉄サリン、マドリードの列車爆破という、ふたつのテロの現場近くに居合わせました。
言葉も話せなかった外国に10年暮らし、出産と育児をするという経験もしました。

そこで実感したのは、私たちは十分に、生きる知恵と力があるということです。
社会の大きな変化、災害、生活環境の変化……。
でも私たちは、その場面で必要な力を発揮し、お互い助け合って、生き延びてきています。

いや、そのなかで「私」は、動けなかったひと、でした。
会社を辞めたときも、テロのときも、呆然とその場に立ち尽くしていました。
赤ちゃんが生まれたときも、「授乳の仕方、まだ習ってない!」と騒いでいました。

「だいじょうぶ、あなたはアニマル。赤ちゃんもアニマル。
あなたたちは、どうすれば良いか、ちゃんと知っているから」
スペインの看護師さんの言葉にとても勇気づけられて、いま、ここにいます。
人間を信じ抜く、あのあたたかく力強い言葉を、日本で贈る場所をつくりたいと始めたのが、リベルタ学舎です。

変化しつづける今日を生き抜くために。
そして、自分が、みんなが、より幸せでいられる明日をつくるために。
あなたが主役となって、学び、実践し、そして仲間と出会っていく場です。
よろしければ、一緒にいかがですか?

リベルタ学舎のあゆみ

2013年  親子向けのアート&身体活動からスタート。
  3月 小児精神科医・石川憲彦氏による開講記念講演「みんなで生きる『場つなぎ』方法論」
  9月 毎日放送「ちちんぷいぷい」、「フィリピン貧困児童支援・わけわけプロジェクト」紹介
  10月 薪割りワークショップ開始
2014年  「なりわいづくり」ビジネス講座スタート。
  3月 「山の教室」初回。古武術家・甲野善紀さんをお迎えして、登山、薪割り、火おこし等
     女性向けビジネス講座「わくワークショップ」開始
     こども向け春休みプログラム開始
  7月 朝日ファミリーで、「山の教室」紹介記事
  11月 モトマチ大学「Sparks!!」で、代表・湯川カナ、活動と理念をプレゼンテーション
  12月 湯川カナのこれまでの人生、リベルタ学舎での活動、今後の提言をまとめた

『「他力資本主義」宣言-「脱・自己責任」と「連帯」でこれからを生きる』(徳間書店)発売

思想家・内田樹さんとの対談も収録
2015年  学びと実践のコミュニティーへ。
  1月 朝日新聞全国版で、湯川カナの活動紹介
    「社会をつくる女子ゼミ」「育児ゼミ」等の学び合いプログラム開始
  3月 読売新聞近畿版で、湯川カナの活動紹介
    神戸市「六甲摩耶山活性化プロジェクト」で、「山の事業」認定
  7月 神戸市創生戦略プロジェクトメンバーに、湯川カナ選任
  10月 女性チームで仕事をつくる実践の場を用意した「ポコラボ」開始