お知らせ

Home  >>  お知らせ  >>  《2018年5月》代表・湯川、流通科学大学の新入生向けの「気づきの教育プログラム」にて講義を行いました!

《2018年5月》代表・湯川、流通科学大学の新入生向けの「気づきの教育プログラム」にて講義を行いました!

代表の湯川カナが流通科学大学の新入生向けの「気づきの教育プログラム」にて講義を行いました。
「職業人との交流」という地域と深く関わりのある職業人から話を聞くプログラムの一環として、「やりたいことで生きていく」というテーマでお話しさせていただきました。

講義の様子が大学のwebページにて紹介されています。
ぜひ、ご覧ください!
1年生の前期授業 「気づきの教育プログラム」が実施されています|流通科学大学

以下は、その一部です。

仕事の定義について、①社会を良くする行いであること ②その行いを持続することとし、社会を良くする行いが自分がやりたいこと、楽しいこと、好きなことであれば、持続することは苦ではなくなると語り「好きなことを続けていく中でチャンスは生まれ、仕事につながっていく」と締めくくりました。

「85歳まで働かなければならない世の中」と聞くと不安を抱きがちですが、湯川氏のお話を聞いていると世の中がどう変化していくのか興味が湧き、これからの働き方を考えるのが楽しくなる、そんな力強い講義でした。