お知らせ

Home  >>  お知らせ  >>  《2017年7月26日・8月9日・26日・30日》「田舎があるくらし」ってどんなかんじ?【こどもが育つを「つくる」】 里山自由教育を体感!(お子様同伴歓迎&丹波おやつ付き)

《2017年7月26日・8月9日・26日・30日》「田舎があるくらし」ってどんなかんじ?【こどもが育つを「つくる」】 里山自由教育を体感!(お子様同伴歓迎&丹波おやつ付き)

★「田舎があるくらし」って、どんなかんじ?」 丹波の自由な人々と交流しながら体感!
★シーズン1(全4回)は「こどもが育つ」。フリースクールを、実践者と語り合います!
★お子様同伴大歓迎! 丹波の草木遊び&自然の本で、夏休みの自由研究もできるかも!?
 
☆毎回、丹波の里山おやつ付!
 第1回のおやつは、《超人気・丹波有機ニンジンすりおろしジュース》&《濃厚キャロットケーキ》
☆第3回では、貸し切りバスによる丹波ツアーも開催します!

  
>>>
 
自由について語り合う「ソシエテ・リベルテ」。
不便ゆえに自由……かもしれない「田舎のあるくらし」をテーマに、
実感しながら、私たちの生き方を見つめ直してみよう!
 
シーズン1は、子育てのもうひとつの選択肢について、
丹波・笹山での実践をふまえて語り合う「『こどもが育つ』をつくる」。
 
ゲストは、丹波地域で里山保育の指導に携わる「野遊び研究家」山﨑春人さん(通称「マリオ」さん)。
「こどもが育まれる環境」づくりの実践の話をたっぷり伺います。
当日も、丹波の草木を持ってきてくれるかも!
 
そして、もうひとり、スペシャルゲストが決定!
こどもも大人も平等な「asobi基地」の仕掛け人で、著書『いい親よりも大切なこと』でもいま大注目の、小笠原舞さん。
保育士起業家として、「こどもが育まれる環境」を、まちでたくさん実践してこられました。
 
聞き手は、リベルタ学舎代表・湯川カナ。
スペイン発・世界的ベストセラーとなった、授乳・幼児食を通して親子関係を自由にする育児書
『うちの子 どうして食べてくれないの?』(ジャパンマシにスト社)
の日本語版企画者・翻訳者でもあります。
 
こどもの力を信じる子育てについて、実践を通じてみんなで語り合うなかで、
自分の子育てに大切なことは何かを見出していく、自由なトーク&ワークショップです!
  
※お子さまとご一緒大歓迎! 
 別室での保育ではなく、同室での丹波草木遊びを中心としたアクティビティがあります。
 丹波の自然を知る資料も準備、夏休みの自由研究にもどうぞ!
 


>>>
 
《シーズン1「こどもが育つを『つくる』」 詳細ご案内》
 (単回のご参加も、全部のご参加も、OK!)

▼プログラム
第1回 7/26(水) 10:00〜12:00
   「こどもが育まれる場をつくる/私の子育てに大切なことは?」
    http://gift.sc/event/20170726
 
第2回 8/9(水) 10:00〜12:00
   「里山保育やフリースクール/子育てもうひとつのあり方」
    http://gift.sc/event/20170809
 
第3回 8/26(土)9:30〜17:00
   「一日体験! 丹波の里山へ、貸し切りバスツアー」
   集合・解散:三宮
    http://gift.sc/event/20170826
 
第4回 8/30(水) 10:00〜12:00
   「田舎があるくらしをつづけたい? もっと聞いてみよう」
    http://gift.sc/event/20170830-2
 
▼参加費
第1・2・4回 大人1,500円/回
 ◎丹波の絶品おやつ付き!
 ◎お子さまのおやつを別に希望の方は、お一人500円です
 
第3回(貸し切りバスツアー)
 大人3,500円、こども2,000円(バス往復代・現地での昼食代込み)
 
▼場所
コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)
 
▼お申込
リンク先のフォームよりお申し込みください
→ http://gift.sc/societe/societe_form

▼主催
NPO法人gift(丹波市)+ 一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)