お知らせ

Home  >>  お知らせ  >>  マニフェスト大賞審査員特別賞を受賞しました!

マニフェスト大賞審査員特別賞を受賞しました!

弊社の取り組みのひとつ「一億総満足社会 政策オーディション」(社会をつくる女子ゼミ)が、第11回マニフェスト大賞の審査員特別賞(秋吉久美子賞)を受賞しました!

神戸・芦屋・西宮で志を同じくする仲間たちとちいさく続けてきた取り組みが、「善政」を掲げる全国的な基準で評価されたことを、とても嬉しくまた光栄に感じています。

11月12日、六本木アカデミーヒルズでの受賞式に、代表の湯川が出席し、一分間のスピーチをしてまいりました。
その全文を、以下に掲載いたします。


「保育園落ちた 日本死ね」ではなく、「保育園落ちない日本、私ならこうつくる!」と、主婦が議員に政策提案する。
それが「一億総満足社会 政策オーディション」です。
今年、第一回を神戸で開催しました。今後は全国展開いたします。

地域課題を解決できない、いまの住民自治・地方政治の仕組みは機能していません。
地方政治を機能させるために、「お願いから約束へ」で始まった、マニフェスト運動。
これは、議員から住民への働きかけです。

でも、それだけじゃ、足りません。

これからの新しい住民自治は、住民から議員への、「お願いから提案へ」。
それが、政策オーディションです。

心ある議員のみなさまに、お願いがあります。
よろしければ一緒に、この新しい住民自治の実現に、お力をお貸しください!

「お願いから提案へ」。
新しい住民自治のかたちをつくる。

これが、私たちの、マニフェストです!

マニフェスト大賞のHPはこちらから。
http://www.local-manifesto.jp/manifestoaward/