イベント情報

Home  >>  イベント情報  >>  《2020年7月1日》有田佳浩の編集道場:第1週を無料オンライン公開

《2020年7月1日》有田佳浩の編集道場:第1週を無料オンライン公開

無関係なふたつのあいだに、「自分」を入れることで、気づきと喜びを生む。不遜で繊細な「編集力」の基礎を知る。



こんにちは、湯川カナです。

リベルタ学舎では、これからの仕事づくりを支える技術のひとつとして、編集者・有田佳浩さんによる「編集道場」を行っています。



▼編集道場とは


自分の名前で認められる仕事をつくる、毎週実施の編集を学ぶ道場。今回は第1週無料公開!

講師は、編集プロダクションを経営兵庫県編集デザインディレクターもつとめる、有田佳浩

・編集道場に参加することで、リベルタ学舎の自社メディアクライアントメディアにて、執筆・イラスト・写真・動画制作でのデビューあり

 

編集って、わかりにくいですが、世の中にちょっと「いらんこと」をすることだと思っています。

お店がある。「わざわざ行って、食べて、自分の言葉で表現して伝える」。

イベントがある。「わざわざキャッチコピーつくって、ポスターつくって、駅に貼る」。
おもしろい話がある。「わざわざ文章にまとめて、読みやすくして、出版する」。

そんな「いらんこと」のおかげで、私たちは、ふつうに生活していたら知らなかった素敵なことを知ることができる。提供している方も、素敵な受け手に出会うことができる。

情報の時代、だからこそ、必要とされるのは「編集」の技術。

「編集道場」では、数々の雑誌をはじめ、企業ブランディング、そしていまは兵庫県広報の編集デザインディレクションも行う編集のプロフェッショナル・有田佳浩さんから、編集の基本を学びます。

第1週の公開道場で関心をもった場合、第2週以降、OJTの道場に参加もできます。
オウンドメディアやクライアントメディアでのデビュー可能性も。
これから編集を始める仲間と一緒に、ぜひ、飛び込んでみてください!

 


■講師紹介:有田佳浩(編集者・コペルニクスデザイン代表・兵庫県編集デザインディレクター)

大阪を拠点とする辣腕編集者。大学在学中に編集プロダクションを立ち上げ、ファッション誌「Vivi」「POPEYE」「Hanako West」、情報誌「ぴあ」「ゼクシィ」「じゃらん」等、数々の雑誌で特集記事等を手がける。日本初のラブホテル特集を手がけるなど、業界の常識を覆してきた。 近年は、事業者の価値を市場に新たに創出するプロデュースで、クライアントから圧倒的な信頼を受ける。2018年より、兵庫県編集デザインディレクターも兼任。



▼開催について(※全オンライン)


・日時:7月1日(水)10時~12時

・参加費:無料

・お申し込み:Coubicより。リンクはこちら → https://coubic.com/lgaku/598936

・お問い合わせ:一般社団法人リベルタ学舎 info@lgaku.com 078-599-9381

 

終了後、希望すれば、湯川カナと一緒に仕事をつくる複業コミュニティ「なりわいカンパニー」編集部への参加も可能です。詳しくはお問い合わせください。

 

 

日時20200701 10:00~12:00
場所オンライン

Sorry, No map.

参加費無料
備考