未来なりわいカンパニー

Home  >>  未来なりわいカンパニー  >>  《2018年8月4日》そもそも塾シリーズ第2回「そもそもプログラミングって?」レポート

《2018年8月4日》そもそも塾シリーズ第2回「そもそもプログラミングって?」レポート

夏休みこども講座 そもそも塾シリーズ レポートです!
 
8月4日に「そもそもプログラミングって?」を開催しました。
講師はフェイスクリエイツ代表大山雄輝さんです。
 
子供の頃、ゲームが禁止だったという大山さんのご家庭。
自分で作ったものなら遊んでもいい、ということで自分でゲーム作りを始めたとか。
 
プログラミングとはコンピューターを思い通りに動かす命令を書くこと。
コンピューターは計算が得意だけれど、何をやってほしいか「プログラム」で教えてあげる必要がある!
ということで選んだのが「LINEボットつくろう!」でした。

 
そんな大山さんがこの講座で伝えたかったこと。
 
~以下、大山さんより~
 
LINEボットをつくろうというテーマには二つの目的があります。一つは、何もできないボットに指示を追加していくことで、プログラミングとはどういうことなのかをイメージしてもらうこと。そしてもう一つが、LINEという身近なアプリを利用することで家族や友達からフィードバックをもらいプログラムを改善していくことです。
 
プログラミング教育というと、プログラミング言語の習得など「やり方」ばかりに目が行きがちですが、それ以上に大切なのが、みんなの困ったをコンピューターをつかって解決するという「あり方」を学ぶことだと思います。
 
一つ目の目的は、講座で達成できたと思いますが、二つ目はご家族で挑戦してくれたら本当に嬉しいです。LINEボットの話題が出た際は「どんなことに使えるかな?」「こんな機能があったらどうだろう?」とアイデア出しを一緒に楽しみ、困ったを改善するきっかけを沢山つくってあげてくれたら幸いです。
 
**********************************
 
当日はたくさんのお父さんが参加されて私たちもびっくりでした。
 
「プログラミングとは誰かの困っていることをコンピューターをつかって解決してあげること」
「そして、その困っていることを見つけるのが一番難しい」
 
その言葉が運営スタッフにも心に残ったのでした。
次回、秋にもやるかもしれません~。お楽しみに!
 
そして、そもそも塾第1回はサ・マーシュの西川さん、バックステージの河合さんのダブルゲストで
「仕事ってなに?」を企画。満席+増席でしたのに台風でキャンセルに。
再度8月18日(土)に予定しております。
まだ少し残席がございますので、西川さん、河合さんのお話しもぜひ聞きにいらしてくださいね!
 
お申し込み・詳細はこちらから!
《2018年8月18日》再募集!/小中学生向け夏の特別講座「そもそも仕事って?」ー大人気パン屋さん&事業プロデューサーと考えよう!
 
講座担当 大和でした。