なりわいづくり講座

Home  >>  社会デザイン学部  >>  なりわいづくり講座  >>  《2018年10月5日》小さな失敗の回転数(実践行動力)を上げる(第6期なりわいづくり講座第1回レポート)

《2018年10月5日》小さな失敗の回転数(実践行動力)を上げる(第6期なりわいづくり講座第1回レポート)

自分にできること
自分だからできること
自分にしかできないこと

***

隔週金曜日10〜12時開催

「なりわいづくり講座(全6回)」

第6期が10/5(金)から始まりました!

◎自己紹介(1人1分)
「自分がワクワクする瞬間」
「呼んで欲しいニックネーム」
「なぜここに来たのか」

初めての場所、初めましての人たち
皆さんの緊張が伝わりつつ。

「ワクワクする瞬間」をお話しされる時は、皆さま身振り手振りを加えてのニコニコ笑顔。

「たこ焼きが球体になった時」
「子どもの世界に一緒に入った時」
「笑いのツボを当てた時」
「他の人のお肌に触る時」
「浮きがプカプカ浮いてる時」
などなど

ワクワク=好き
それぞれその人らしさがいっぱい出ていた時間でしたね。
そのワクワク分かるーーと私も首を縦に振りまくっていました。

◎グループセッション(5分)
「人に贈る最高のプレゼントって?」

ここでは3グループに分かれての
グループセッション。

盛り上がりを見せる中
河合さんから

「ワクワクしてる?」
「遠慮しない」
「ブレーキ踏まない」

の声かけに、皆さんの目もキラッ!

A「自分への想いを感じる時」サプライズ、親からの支援
B「人との繋がり」子どもの手紙
C「自分の存在を受け止めてくれる」ちょっとした声かけ

形があるもの
形がないもの
だけどそこには必ず想いがあるものが出てきました。

◎各自セッション(付箋書き出し)
「自分が幸せであり続ける働き方」

ここでも河合さん

「どんどん!手を止めない」

とガソリン?注入。
それぞれグループ分けしていくと

「お金」「健康」「笑い」
「時間」「家族」「仲間」など

例えば
「お金欲しい」
けれど
「釣りする時間欲しい」
など
実は相反することも出てくることも。

矛盾してしまいそうな
「幸せであり続ける為の働き方」
を実現するには…?

やはり「お客さん」の存在

どこにいる顧客にどのような幸せを作るのか
ここの部分に繋がっていました!

◎最後に(感想一言30秒)

次回以降のなりわい講座の流れを聞きつつ
「手段」と「目的」を混同しないための
二つの視点のお話。

常に河合さんが伝えてくださること

「うまく言おうとしない」
「良くみせようとしない」
「失敗の回転数を上げる」
「正しいことを言わなくて良い」

そんな中、最後の感想で

「自分の殻を脱がせて欲しい」
河合さん「自分で脱いでください。笑」

そんなやり取りがあったり。笑

「本来の自分がいったいどうなのか」
と自問自答されていたり。
そして
「価値をつくるということは、相手を想い描いて自分が動くこと…自分のためだけでは確かに価値にならない点が一番の大きな気づきだった」
という言葉も胸にグッときました。

私が受講した5期の時も感じたのですが…
一緒の時間を共有する仲間同士で高め合える空気感
ここは失敗していい場所なんだ、という安心感(むしろそれが成長)

ほんとに成長できて応えのある場所だな、と。

残り5回、たくさん悶々してくださいね(*^^*)

2回目は明日(10/19)開催です。

◎宿題
「我が家のオンリーワンの文化」を80字で

「なんだろー?」と唸っている方
ご家族の中でも会話になっている方もいるのかな?と。
私も5期の時、旦那さんと一緒に
「うちのオンリーワンの文化って何?」と悶々としてました。

皆様の「オンリーワン」楽しみです。

◇10/5(金)から開始。隔週(金)10時~12時
【なりわいづくり講座】(全6回)
私にしかできない一生モノの“なりわい”を。
→ http://lgaku.com/index.php/event/event_info/20181005nariwai/

(なりわいづくり講座マネージャー 新藤)