からだセルフケア研究会

Home  >>  じぶんデザイン学部  >>  からだセルフケア研究会  >>  《2018年8月10日》続けて感じるセルフケア!「からだセルフケア研究会」(テーマ:姿勢)レポート

《2018年8月10日》続けて感じるセルフケア!「からだセルフケア研究会」(テーマ:姿勢)レポート

「肩こりや腰痛に姿勢が影響しているって言われるけど、実際どうなってるんだろう?」
「そもそもいい姿勢ってなんだろう?」
第2回からだセルフケア研究会は、参加者さんのそんな疑問から始まりました。
 
・五十肩になって整体でバランスが悪いといわれたけど、それを直したら全部よくなるのか疑問だったので、相談したかった。
・ぎっくり腰を繰り返してしまっているので、姿勢から治していけたら。
・先月呼吸の回に出たときに、終わったあとに「姿勢がよくなってる」と言われた。ちょっとしたことでよくなるんだと感じて今回も参加してみた。
・肩こりや腰の張りが続いていて、漠然と姿勢をよくしたらいいんだろうなとは思うけれど、具体的にどうなったらいいかを知りたい。
・前回参加していろいろ気づきがあった。
・とくに不調があるわけではないけれど、整体に行くと姿勢が悪いと言われる。そもそも姿勢とはなんぞやということが知りたい。
と、不調のある方もない方も、「そもそもいい姿勢って?」ということに疑問をお持ちの方が多いようでした。
 
・姿勢への下半身、肋骨や肩甲骨の影響は?
・呼吸や精神状態とのつながり。
・脱力や力の入れ方、お風呂とマッサージってどっちが先の方が効果があるの?
・前後左右から力を加えたときのからだの安定性チェック。
などについて、実際に参加者さんにモデルにも立ってもらいながら学んだ後は、実際にみなさんでからだを動かしていきます。
 
姿勢を考えるときのポイントは次の3つ。
1.上半身の脱力。
2.下半身はずしっと地面に。
3.外見がまっすぐ。
状態に合わせて、ツボやストレッチ、筋トレを組み合わせながら、今回はからだの大きな部位を中心にじっくりと動かしていきました。
 
お互いにからだに触れながら、変化を感じながら進めていき、
「自分の変化に気づくことが大事で、セルフケアを続けていけば1~2週間でポイントとなる箇所が変わっていきます。疲れ具合も把握できるようになってきますよ」
という庄子さんの言葉にみなさんなるほどとうなずいていらっしゃいました。
 
 
終了時にいただいた感想では、
・終わったあと、すごく楽だった。1時間半でこれだけ変わるなら、1か月続けたらどんなことになるんだろうと楽しみ(笑)
・動かしていて、からだがあたたかくなった。意識していなかったことを意識することでここまで変わるとは。これでいいよと言ってもらえた安心感がある。
・両親にも伝えていきたい。
・自覚症状はあまりなかったけれど、ふだん動かさないところを動かして気持ちよかった。
・立ったときに、力が入っているのを実感できた。
・ちょっとした動かし方でからだが整うのを実感できた。教えてもらったことを少しずつしていきたい。
・ナチュラルな雰囲気を醸し出せる姿勢になりたい!
・続けられるか不安だけど、続けていきたい。
と、みなさん自分自身で変化を実感されていました。
 
「普段あまりからだを動かしていない方は、ストレッチだけでも筋トレになるんですよ」
と、庄子さんは言います。
動くときの意識の違い、動かし方の違いで変わるものだなぁと実感する時間となりました。
 
 
次回、9月14日(金)は「はじめて学ぶストレッチ」というテーマで、効果的で続けられて意味のあるストレッチについてとことん実践していきます。
ぜひお楽しみに!
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。→http://lgaku.com/index.php/event/event_info/20180914selfcare/
 
 
(からだセルフケア研究会マネージャー:山本)