なりわいづくり講座

Home  >>  社会デザイン学部  >>  なりわいづくり講座  >>  《2018年4月27日》あなたが人に贈る最高のプレゼントは何ですか?「第5期なりわいづくり講座」第1回レポート

《2018年4月27日》あなたが人に贈る最高のプレゼントは何ですか?「第5期なりわいづくり講座」第1回レポート

こんにちは!
皆さま、GWいかがお過ごしですか。リベルタ学舎では、先週の金曜日から「第5期なりわいづくり講座」がスタートしています!
 
「守りに入らず小さな失敗からリターンを得るとうコンセプトに惹かれました」
「自分の中にあるぼやっとしたものを明確にしたいと思ったので」
「新しいことをみつけてワクワクするのが好きだから」
など、みなさんがそれぞれの思いをもって参加してくださいました。
さっそく講師の河合さんが「“不完全を楽しむ”“気づいて高めあう”のがこの場所です。皆さん、どんどん自分を出して挑んで失敗をしていきましょう!」と呼びかけます。
 
初回の今回は、なりわいづくり講座全体の骨子や社会背景の説明などの後、「人に贈る最高のプレゼントは?」というテーマのグループワークや、自分が幸せであり続ける働き方を考えるセッションを実施。相手に喜んでもらって自分もワクワクするのは、なりわいの原点であるということを体感していきました。実は私、贈りものをするのが苦手。でも、それは人を喜ばすことと自分も楽しむことが両立していなかったからかもしれないという気づきがありました。河合さんの講座にはビジネスの話としてのなりわいだけでなく、日々の暮らしに通ずるものが散りばめられているのが嬉しいです。
 
さて、参加者の方々はというと、グループワークの中で考えの違いを見つけたり共感したりしながら、一つの答えにまとめる苦しさを味わったり、はたまた、河合さんのレクチャーにもやっとしたり、考え込んだりしている様子が見られました。すかさず河合さんから「皆さん、期待どおりの顔してくれていますねー」と声がかかり、皆、思わず笑顔になる場面も(^^)。
  
最後にはそれぞれの気づきを共有しました。
・ドキドキ、ワクワクに火がつきました!
・一人で考えを整理しても、なかなか解決しませんが、ここで皆さんと共有することで刺激しあって、高められるんじゃなかと感じました。
・これまで自分のしたいことをやってきたけど、それは手段だったように思いました。これからは“目的”を考えていきたいと思います。
 
自分のぶれない軸と価値をつくるのが、なりわいづくり講座。第5期も文化や経験も年齢も違うメンバーが仲間として価値を共に創っていきます。次回は「わが家のオンリーワンの文化」を80字以内で文章にして発表しあう予定。ここから第2回の講座内容「暮らしを大切にしている人だからこそ 解る会計の話」に発展していきますよ!
 
次回は2週間後の5月11日(金)。レポートもお待ちくださいね。
 
(担当:なりわいづくり講座マネージャー 増子)