講演・その他のイベント

Home  >>  講演・その他のイベント  >>  《2017年10月24日〜11月28日》加古川市女性活躍推進セミナー 第3部「わたしの『なりわい』を見つけよう!」

《2017年10月24日〜11月28日》加古川市女性活躍推進セミナー 第3部「わたしの『なりわい』を見つけよう!」

11月28日は、加古川市 女性活躍推進セミナー第3部「わたしの『なりわい』をみつけよう!」最終回でした。(ご案内ページはこちら
 
「これから『感性(美意識)』が重要な時代がやってくる(知識や技術だけの情報処理能力は、AIに取って代わられる)」
「『なりわい』とは、働き・暮らし・育みの場面で、自分にできる『価値』をつくりつづけること」
 
講師・河合義徳さんの知見をヒントに、本日も参加者さんがご自身の「なりわい」を探っていきます。
 
まずは、前回までの振返りから勢いよくスタート!
第1回・第2回で繰り返されたポイント「自分のあり方の本質は同じ」「”目的”と”手段”を混合しないこと」を確認しました。
 
その後、3人1組でのグループセッション。「自分が幸せであり続ける働き方」に必要な要素・条件・環境について、ひとつずつ付箋に書いていきます。
みなさん和気あいあいと意見を出し合われていました。
結果、全部で30枚ほど! たくさん出ました。
会場ではそれらが、「仲間/理解/場所/お金/やりたい仕事/時間」にカテゴリー分けされましたよ。
 
「どれかを取ると、どれかが凹む」。
矛盾しそうな条件をまとめるのは、「どこにいる顧客にどのような幸せを創るのか?」という視点。
 
その視点を軸にした、求められる事業計画書の作り方のお話が、詳しくありました。
事業計画書は体裁ではなく内容!
商品という手段に酔わずに、目的(どんな幸せ?)をお客さまと共有することが大事なのですね。
 
次は2度めのグループセッション。
今度は3グループに分かれ、「~わが町にこんなのあると良いよね~私たちにしかできない新しいビジネス」を、「グループ内の特性・特技を活かしたもの」という条件で話し合いました。
 
どのグループも、時間が来ても止まらないほど活気あふれる様子で、「もう前を向いていただいて良いですかね!?」と、講師が困り顔になる場面も。
 
チーム運営を、少しだけ体感していただけたのではないでしょうか。
 

イベントレポートはこちら