くらしラボ

Home  >>  くらしデザイン学部  >>  くらしラボ  >>  《2017年6月30日》くらしラボ 第4回レポート【今、家族と暮らしを楽しむ】

《2017年6月30日》くらしラボ 第4回レポート【今、家族と暮らしを楽しむ】

「部屋を片付けるより、じぶん色に染めるんです。美意識が高くなるとセンスが良くなります」
 
くらしラボ、第4回開催いたしました。
自分の好きは何だったか、気づき始めた研究員。でも、くらしには、自分以外の存在もありますよね。
伴侶、シェアハウス、ペットも家族。
自分以外の存在と暮らすというのは、自分以外のライフスタイルと混ざるということ。
 
たくさんの事例のご紹介とともに、くらし家具デザイナーChie先生のお話しが始まりました。
一緒に住んで、異なる趣味や嗜好、どう共有するか?
「趣味が違う相手と同居するために」
「旦那を仕舞う空間づくり」
とっても興味深いお話、たくさん聞くことができました。
 
・高齢になってからの片づけのポイント
・子供の目線と背丈と、引き出しの高さ
・実家の物が多い悩み
・処分できないタイプの人にどう伝えるか
・捨てようかおいておこうか迷う服の扱い方
・旦那さんスペースのつくり方
・本が増えてしまう人のしまい方
参加者さんの具体的な悩みや、過去の事例など、よりリアルなお話しが聞けましたよ。
 
くらしづくりや、お片付けも、コミュニケーションや言葉のキャッチボールが大切なんですよね。くらしだけでなく、生きていく知恵にも繋がりました。
 
参加された方のご感想です。
「具体的に、リアルな事例を出してくれたので、まずこれをしたらいいんや、って思えました」
「これから先のこと、未来に向けての視点をいただけて良かった」
「子供が左利きなので、クローゼットの向きを変えてあげよう」
 
次回はいよいよ最終回。
くらしラボ研究員の、「じぶんのくらしをつくる研究」も、クライマックスですよ。