小池さんちに帰ろう!

Home  >>  くらしデザイン学部  >>  小池さんちに帰ろう!  >>  《2017年6月24日》レポート【みんなで田んぼ・神戸】第1回は田植え!! 小池さんちに帰ろう! 2017年度

《2017年6月24日》レポート【みんなで田んぼ・神戸】第1回は田植え!! 小池さんちに帰ろう! 2017年度

【「つくる」「食べる」の貴重な時間】
 
天気予報ではすこし不安もあった小池さんちでの田植え。
すこーし曇りのちょうどいい天気で開催できました。
 
3000人分のお米を作っている、神戸市内で一番の米農家の小池農園さん。
小池さんのスタッフも参加者さんも私たちリベルタ学舎のスタッフもお子さんたちも一緒になって、田植え&さつまいも植えをしてきました!
 

春にごみ拾いをした耕作放棄地を田んぼにしてそこでみなさんと田植えをする予定だったのですが、小池さんが土をおこすたびにごみがまだまだ出てきてしまう状態で、手植えでの田植えは危険と判断、別の田んぼですることになりました。
今回は残念でしたが、それも現実なのですよね。
こちらの田んぼも、ずっと様子を見守っていきたいと思います!!
 
 
今回の田植えでは、畦の両側からひもを引っ張って、ひもに描かれている赤い印を目安に順に植えていきました。
はじめは、両側の進み具合がバラバラになったり、隙間が空いてしまったりしていたのですが、徐々に全員の息もあってきて。
「こっちがわオッケーです!」
「こっちもー!」
「じゃあ、せーのっ」
と声をかけあいながらリズムよく進んでいきました。
 
小池さんによると200坪の広さの田んぼで、およそ360kgのお米ができる計算です!
苗を植えるときは、親指・人差し指・中指の3本の指を使って、苗床からだいたい3本分の苗をつまんで、植えていきます。この3本分の苗がだいたいお茶碗一杯になるとのことです。地道な作業だけど、これが実際に食べるお米になるんだなぁと思うと、嬉しい気持ちです。
 
時には、
「足がうまるー」
「ミミズがいるー! カエルもー!」
「浮いてる黒い粒々ってなんだろう?」(小池農園スタッフの吉川さんによると草の種だそうです)
「疲れたー!!」
なんて言い合いながら、
「後ろ見たらけっこう進んでる!」
「もうちょっとがんばろー!」
と、にぎやかに、わいわいと頑張りました。
 
大人と大きなお子さんたちが頑張っているあいだ、小さなお子さんは小池さんが教えてくださった麦でストローを作ったり。
それぞれが、めいっぱい田んぼでの時間を楽しんでいました。
一年ぶりの田んぼの感覚、そしてひたすら手を動かす時間が気持ちよかったです!!
 

そして、お楽しみのお昼ごはん。
今日のメニューは
・小池さんちのかまど炊きの神戸米おにぎり
・小池さんちの米粉&糀エヴァンジェリストひろちゃんによる塩糀トマトソースの炭火焼き米粉ピザ(食材は、小池さんちのたまねぎ、なす、じゃがいも、にんにく、バジルなどをたっぷりと!)
・塩糀&醤油糀の野菜炒め
・トマトサラダ
です!
初の試みの米粉ピザでは、発酵具合や焼き具合を試行錯誤しながらでしたが、みなさん「おいしい!」「もちもち!」と笑顔たっぷりのお昼ごはんとなりました。
 
 
お昼ごはんでパワーを回復した後は、午後の作業。
さつまいもの植え付けをしました。
さつまいもって、「つる」の状態で植えるのだそうです。
これがまた技術がいるんですね。うまく植えられないとぴょこんと土から飛び出してしまうので、しっかりぐいっと土に植えられるように技を教えてもらいながら進めていきました。
 
こちらもだんだん作業スピードが速くなっていって、果てしなく思えた(!)植え付けも無事にみなさんでやりきることができました。やったー!!
 
 
ご参加された方からは、
・子どもに食べ物がどこから来ているかを教えたくて参加しました。
・時間がかかったけど、素敵な経験ができました。
・小池さんの名前が食卓で会話に出ます。そんなふうに広がっていったらいいな。
・何も考えずに植えていく時間が貴重でした。
という感想、またお子さんたちからも
・田植えが楽しかった! けど、疲れた!
・ピザを作るのが楽しかった。
・昔の人はあれをひとりでしてたのがすごい、よくやってたなって思う。
・途中からさつまいもを植えるコツをつかめて、たくさん植えられてよかった。
・田植えの時、こけそうになったけど大丈夫だった!
・カミキリがとれた! 田植えは疲れたけど楽しかった。
といった感想をいただきました。
 
また、小池農園のスタッフさんからも
・普段は機械の作業が多いので、貴重な経験だった。
・明日は筋肉痛かな(笑)
と、一緒にがんばった仲間としての言葉をいただきました。
 
 
小池さんからは、「兵庫県の農業従事者の平均年齢が68.5歳。小池農園は37歳。ここから、農に触れるひとが増えて、ひろげていけたら」という言葉がありました。
 
ぜひ、楽しみに、そして、小池さんの思いに触れにきてくださいね。
 
 
今年はあと4回のイベントを予定しています。次回は7月15日、夏の田んぼ&畑の作業と小池さんによる野菜の教室を予定しています。
詳細・お申し込みはこちらから。
→ http://lgaku.com/index.php/event/event_info/20170715koikesan/

また、このプロジェクトを応援してくださるコミュニティ会員についても募集中です。
 
詳細はこちらをどうぞ。
→ http://lgaku.com/index.php/news/tanbo/

 
  
(リベルタ学舎企画運営チーム:山本)