強く幸せに生きるためのお金の講座

Home  >>  社会デザイン学部  >>  強く幸せに生きるためのお金の講座  >>  《2017年4月18日》【一生モノの「お金の考え方」で、「“とりあえず”のやりくり」から卒業しよう!】強く幸せに生きるためのお金の講座 体験版レポート

《2017年4月18日》【一生モノの「お金の考え方」で、「“とりあえず”のやりくり」から卒業しよう!】強く幸せに生きるためのお金の講座 体験版レポート

講師・小林優子先生は、家計アドバイザーでも、ファイナンシャルプランナーでもありません。
お金の面から企業の経営を支える、税理士さん。
じゃりン子チエが大人になったかのような、「お勉強」は苦手だけれど(高校時代の偏差値40!?)、「お金」にはめっぽう強くて芯の通った女性です。
 
「この講座では、家計の切り詰め方も、簡単・楽チンな家計簿のつけ方も、効率的な保険の入り方も、お伝えしません」
 
「お金は使えばなくなります。
 だから、”とにかく貯めたい人”は、家計簿なんてつけなくてもいいんです。
 見放してるとかそういうことじゃなくて、ほんとうに。
 面倒くさいじゃないですか、家計簿をつける作業って。
 その時間で、”どうすればお金を使わずにすむか”を試行錯誤する方が、絶対いいです」
 
「”企業”も”家”も、一緒なんです。
 続かないと意味がない。
 続けるためには、根っこが強くないと。
 いくら枝がたくさんあっても、葉っぱの形が良くても、枝や葉っぱは暴風雨がきたら吹き飛んじゃいます。
 幹だって、折れることがあるかもしれない。
 でも、そんな時でも、根っこさえちゃんとはっていれば、その木は再生できるんです」
 
じゃりン子チエ、もとい小林先生、いちいちの言葉が潔くて、しびれます。
 
先生がこの日教えてくださったのは、一生モノの「お金の考え方」。
木の例えで言うところの「根っこ」の部分です。
 
▼将来の暮らしが見えない中で、家計のこと、どうやって考えたらいいの?
 
参加者の皆さんは、
 ・就職活動中の大学生
 ・3月末に長年勤めた会社を退職したばかりの社会人
 ・そろそろ働きたいと思っている専業主婦
 ・お金の管理が苦手な妻
 ・お金は稼ぎたいが、家族との暮らしも大切にしたい母
などなど、様々なバックグラウンドをお持ちでした。
 
皆さん一様におっしゃるのは、
「毎日の生活に気を取られて、家計と将来の暮らしのことを考える時間が取れていない」
「将来いくら要るのかわからないから、つい、考えるのを後回しにしてしまっている」
「将来いくら要るのかわからないから、不安」
ということ。
 
「このままじゃいけないと思って、今日は来ました」
「会社が『社員=コスト』と考えていることを痛感する機会があって、お金と引き換えに、やみくもに自分の時間を捧げ続けることに疑問を覚えました」
「ちょうど、退職して、これからの暮らしや、退職金の使いみちについて、思いを巡らせているタイミングだったので」
 
皆さんの参加目的をうかがって、小林先生に笑顔が。
「皆さん、この講座にぴったりです♡」
 
▼世の中がこれからどうなっていくかは、結局のところ、誰にもわからない!?
  
予想も予報も予言も、「その時」になってみないと、「当たったかどうか」はわかりません。
「明日」はおろか、「今日」の天気予報でさえ、外れることがありますもんね。
どんどん進む高齢化、自転車操業で増える一方の国の借金、AIの発達(人間の仕事なくなっちゃう!?)、ミサイルが飛んでくるとかこないとか……
エライ人たちや詳しい方々がアレコレと予測したり、「暴風雨」に遭わないように手を尽くしてくださってはいるけれど、それが本当に「当たるかどうか」は、今この時点では誰にもわかりません。
自分(と家族)がいつまで健康でいられるかでさえも、その眺めの先にあるのは「こうであってほしいな」という願望。
 
「こうなるはず!」に賭けて「枝」や「葉っぱ」を整える計画を立てても、実行しても、後から「ちゃうかったやないかい!」と意図せずちゃぶ台がひっくり返る可能性は、いくらでもあるんです。
 
……とハッキリ言い切っちゃう小林先生と対照に、会場の皆さん、どよ〜〜〜〜〜ん。
ですよね。そうなりますよね。
お金の将来設計を立てられるようになりたくて、でも、将来のことがわからないから不安で、わかるようになりたくて、それで今日ここに来たのに、「将来どうなるかはわかんないんですよ、誰にも」って!
 
そんなどよ〜んに追い討ちをかけるように、先生から問いかけが。
「お金の不安を、世の中のせいにしていませんか?」
 
▼あなた(と家族)の将来は、「世の中」だけが作るんじゃないんです!
 
いよいよ「根っこ」のお話です。
「世の中」は、いわば、家計という「木」を取り巻く環境にすぎません。
か弱いの根っこのひょろっとした木のまま、「明日の天気はいいのかな」「いつどんな風が吹くのかな」「どうか台風が来ませんように」と気を揉むよりも、しっかりとした根っこで「(できれば来ないに越したことはないけれど)どんと来い!」と思えた方が、断然、幸せですよね。
 
そう、まわりを窺うのではなく、自分の中にある「アレ」を見つめてください!
それこそが、あなたの根っこです。
 
この日は、
「あなたはどのタイプ?」
「あなたにとって、お金って、なに?」
「もし今、自由に使える余裕資金があったら何をする?」
の3つの個人ワークを通して、参加者の皆さんに、ご自身の根っこについて考えて、書いて、話してもらいました。
それぞれのワークのシンキングタイムは5分ほどだったのですが、限られた時間の中でだからこそ、普段は意識していない「わたし、こんなこと思ってたんだ!」な本音がぽろっと出てきたりも。
 
すっかりどよ〜んから解放され、スッキリ晴れやかになられたご様子の皆さん。
講座終了に際していただいたご感想をご紹介します。
 
「目標を立てることは面倒くさいなと思っていたけれど、ワーク&発表の時間で、頭が整理されていくのを感じました」
 
「ワークに答えていて、『家族の幸せ』と同時に『自分の夢』も出てきてびっくりしました」
 
「ファイナンシャルプランナーや新聞社が主催するセミナーに参加したことはあったけれど、ほかの方にお金の価値観を話してシェアするのは初めてで新鮮でした」
 
「考えたことをシェアすることで、それを叶えたい気持ちが増してきました」
 
「働いて稼いだお金をお金をどのように使いたいか? を考えたことがなかったが、もっと大きく考えていきたいと思いました」
 
「夢を語れるというのが嬉しいし、なんだか癒されました。人に話すのって大事ですね!」
 
「お金って、視点・考え方ひとつなんだな、と勇気が湧きました。お金の将来設計に対して前向きになりました」
 
▼5/9(火)から、根っこを育てて木を実らせるための、連続講座が始まります!
 
この体験講座でお伝えした、木の根っこ = 一生モノの「お金の考え方」。
GW明けの5/9(火)から始まる連続講座では、根っこからどうやって養分をとるか、木を育てるか、実らせるかをお伝えしていきます。
 
http://lgaku.com/index.php/event/event_info/20170509money/
 
毎回の進め方は、復習→レクチャー→実践方式。
考え方や具体的なやり方をレクチャーするだけでなく、皆さんにはご自身の家計を使って、実践していっていただきます。
全5回が終わる頃には、ご自身で家計を操縦できるようになっていただけるプログラムです。
全5回終了の1年後(予定)に、1年間操縦してみてどうだった? の振り返り講座も開催予定。
 
▼「体験講座に参加できなかったけど、連続講座、興味あるな〜」という方、大歓迎です!
 
なんせ、みんなが「苦手!」なお金のこと。
毎回、講座の最初は、先生からの手厚い復習タイムです。
第1回の講座の復習タイムは、もちろん体験講座でお伝えした内容。
一生モノの「お金の考え方」って? 根っこって? さっき出てきた「アレ」って、何!?
きちんとイチからお伝えしますので、ご安心ください☆
 
—————

体験講座へのご参加、ありがとうございました。
体験講座にご参加いただいた皆さんも、そうでない皆さんも、連続講座へのお越しを心よりお待ちしております。
苦手でも、みんなで学べば、こわくない!!

(企画運営チーム 小林)