くらしラボ

Home  >>  くらしデザイン学部  >>  くらしラボ  >>  《2017年5月19日》くらしラボ 第1回レポート【思考と指向】

《2017年5月19日》くらしラボ 第1回レポート【思考と指向】

2017年5月21日 | くらしラボ,開催レポート

「あれも好き、これも好き、とぶれる人は、『真の好き』がわかっていないんです。それを知る方法があります」
 
リベルタ学舎新企画の「くらしラボ」本編が始まりました。
http://lgaku.com/index.php/event/event_info/20170519kurashi/
 
冒頭のちえ所長の言葉、まさに私にも当てはまる!と思ってしまいました。
インテリアショップや雑貨屋さんを見て「これもいいな~」と欲しくなり、雑誌で見たシンプルな暮らしにも憧れ、ナチュラルなスタイルにひかれつつもデコりたい時もあり。
真の好き、わかってないんだろうなと自分を振り返りました。
 
今回は、自分を知っていくために、自分の指向(無意識)、思考(考え方)、嗜好(好き)の話や、自分を発見するワークを行いました。
男性と女性での生まれ持った脳の違い。
男性脳と女性脳。(性別と同じとは限りません)
利き脳。
自分がどういうタイプで、どういう傾向があるのか知ることができました。
 
そして、ちえ先生による、
「利き脳別片付け法」のレクチャー。
今回参加したメンバーで、それぞれタイプが違い、何が得意で、何が苦手だとか、より具体的なアドバイスもちえ先生からもらえましたよ。
 
自分と違うタイプの人の話も聞けて、みんなとっても興味深々!
増え続ける書類をどうしようとか、ファイルの色分け分類の話とか、リアルな体験も含めてお互いのシェアが続きました。
 
「計画をたてて挑む方がいい」
「捨てられない理由」
「脳のどこを刺激すれば片付けが楽しくなるか」
などなど、なかなか他では聞けないお話がたくさん。
 
そして大切なのは、自分の「好き」を知ること。
自分の「好き」をどんどん探ることで、「わたしのスタンダード」が見つかります。
 
 
参加者のみなさんのご感想です。
「自分が好きなことに無頓着な私だった。」
「ある時はお母さん、ある時は秘書として、状況に合わせて買っていた。もう少し自分が好きなものを見つめなおしていきたい」
「以前は好きなものだけを詰め込んでいた。今は自宅に来るお客さん目線になっているジレンマ」
「自分が置き去りになってるかな?」
「自分の変化も、気づかないうちにあったかもしれない」
 
くらしラボでは、次回までの2週間、ミッション(=課題)を各自行いシェアをすることで、「じぶんのくらし」を考え、つくりあげていきます。
実は帰宅してからのミッションがとっても有効!たくさんの気づきがあったり、自分にも変化が感じられますよ。
 
そして今回のミッション☆
「自分が好きだと思うお店の写真を撮ってみましょう」
この席に座ったこの感じが好き、のように、自分が好き!と思える場所の写真を撮影して、グループページでシェアをしてみましょう。どうして好きなの?どこが好きなの?も合わせて考えてみましょう。
今日使ったカードの「好きな色」「好きなカルチャー」の部分も、どんどん書いてみて下さいね。
(これまで影響を受けてきたカルチャー、どんなものか、考えてみて下さいね)
自分の好きを探るほど、「マイスタンダード」に気付くことができますよ。
 
くらしラボでは、単回受講も歓迎しております。
途中からご参加の場合も、それまでの流れをお伝えして楽しく参加できるようサポートいたしますので、ご安心くださいね♪
 
次回までの2週間、私も自分の好きをたくさん見つけたい♪
とても楽しいひとときでした。
また次回もみなさん、お会いいたしましょう。
 
リベルタ学舎 くらしラボマネージャー 西古屋(にしごや)