イベントレポート

Home  >>  イベント情報  >>  イベントレポート  >>  2016/11/4強く幸せに生きるためのお金の講座〈第3回〉レポート

2016/11/4強く幸せに生きるためのお金の講座〈第3回〉レポート

こんにちは!
【強く幸せに生きるためのお金の講座】マネージャーの増田です。

11月4日(金)に、第3回目の講座がありました。
だんだん現実の数字が見えてきて、ちょっと苦い顔の多い回でしたね。

まずは、前回の宿題として、
・「固定費」と「変動費」と分けて家計簿をつけてみる
・断捨離できる固定費がなかったか、を考える
が出ていました。
その中で、共通して出た感想が、
『固定費が大きい!!!』
前回の講座で小林先生も仰ってましたが、「固定費=削れないもの」と
思いこんでいて、固定費を見直す機会って、あまりないんですよね。
でも、以外と要らない固定費も結構あったりで。
そこで出た課題が、
『断捨離できる固定費はないですか?』
皆さん、色々考えてきてくれましたが、家族との意見の違いがあったり、やりたいけど今すぐは・・・、など、中々すぐには難しいようです。
固定費の断捨離は、『やるか、やらないか』です。
どのタイミングでするかは、人それぞれですね!

そして次に予算設定のお話です。
「予算設定」って会社では聞くけど、家庭でもするの?、と思いませんか?
家庭でも必要なんです!
予算設定をすることによって、将来の目標に向かって「貯蓄」や「投資」が出来ます。
ただ家計簿をつけて、「今月は赤字だな」、「ちょっと貯金できた」、では目標は達成されません。

まずは、将来(何年後でもご自身がリアルに考えられる範囲)の目標を設定し、それに向けて今からいくら貯蓄(投資)が必要かを考えます。
その為に、毎月の家計をどのようにまわすかを考える、それが予算設定です。
これはあくまで「予算」ですので、実際の収支とはもちろん違ってきます。
予想しなかった特別支出もあると思います。
この『特別支出』、主婦にとっては悩みの種だと思います。
でも、過去の経験からある程度は予想できませんか?
予測できるものは、なるべく毎月の支出に組み込みんでいきましょう!
例えば・・・
固定資産税などの税金関係
冠婚葬祭費
子供の行事
出産
などなど・・・

予想出来るもの(税金関係や行事事など)は12分割し、月の支出に組み込む
予想出来ないもの(出産や冠婚葬祭など)は余裕があれば特別費として、一定額を月の支出に組み込み貯蓄しておく
家庭でこれだけ考えるのは中々大変かと思います。
特に初めての時は・・・・
でも一度覚えると、過去のデータから予算は組みやすくなるはずです。

そこで次は、一度皆さんで予算設定をしてみましょう!!
という事で、次回までに受講者の皆さんには家庭の予算設定をしていただきますよ!
将来の目標に向かって、実現可能な予算収支表を作ってみましょう〜