からだセルフケア講座

Home  >>  じぶんデザイン学部  >>  からだセルフケア講座  >>  2016/10/20 からだセルフケア講座第1回【ストレッチで、筋肉を知る!】レポート

2016/10/20 からだセルフケア講座第1回【ストレッチで、筋肉を知る!】レポート

リベルタ学舎自分デザイン学部からだセルフケア講座 第1回
【ストレッチで、筋肉を知る~身体をゆるめて、毎日の変化に気づけるようになろう!】

レポートをさせていただきます、企画運営チームの足立です。
「頭や心は色々よく考えているけれど、身体の動きがともなっていないと、
右側だけだとか、身体の一部だけしか動かしていない状況を作ってしまっている。
自分のからだ(身体・精神)がわかると、地に足がついた人になれる。」
具体的な体の動きを交えながら、わかりやすいお話しから始まりました。

ではここで!
「ストレッチは、どれでしょう?」
とストレッチについての質問。
画像を見ると、どれもこれもストレッチ?これは違う?と皆さん少し困惑…。
[筋肉が伸びるのがストレッチで、縮むのが筋トレ]
答えを聞いて、なるほど!と、皆さんでお話をきいて共有したところで、実践です。

畳の教室をめいっぱいに使って実際にからだを動かしてみました。
『肩・胸・太もものストレッチを、制作してみよう』と、
3つに分かれての、グループワーク。
ごろんと寝転がったり、うつ伏せになったり、一人だったりペアだったり、チーム全員でだったり。
参加者さんそれぞれの技術や、日々取り組まれてること、取り入れて工夫していることを、出し合っていらっしゃいました。
最後は、庄子先生ご持参の謎の棒まで出てきてコロコロしたりと、にぎやかな笑い声で、一気に会場が熱くなりました。
各チームの制作したストレッチの発表に、うなずいたり、今まで気づかなかった事があったり、おもしろい視点に驚いたりされていました。

皆様からは、
・難しいイメージだったけど入りやすい。
・体感できたことで理由がわかった。
・毎日の工夫で続けて取り入れられる。
・意識の高さに驚きだったが、基本的で、わかりやすい。
・ほぐすことが、いろんなところに繋がっていくんだな。
・難しく考えるのが苦手だが、方法ではなくもっていきかたを知れたので、実践できます。
・頭で考えすぎだったが、脳が休んでリラックスして出来ました。
・おもしろくて、みんなで考えながら出来て、からだもポカポカした。
・痛いところも、そこから遠いところを触ってみて、自分で気づけた。
・からだをみながら、試してみる。
・みんなでやることが良いと思った。
・本やテレビで得ていたが、身体で感じることができた。
・身体の細部に目をやって、気づく感性を養わないとだなぁ。
と、感想をいただきました。

皆さん、取り組んでいることや、身体の状態も様々ながら、それぞれの、アイデアを出し合って、楽しまれていました。

講座後に、参加者さんのグループページで、やってみたこと、変化などを報告しておられ、皆さんの取り組みを、共有しています。

次回は、「運動」がテーマです。
体の構成を知ることで、ずっと使える、持続性のあるからだに、整えてみませんか?
単回受講も可能です。みなさまの参加をお待ちしております。

ありがとうございました。