じぶん講座

Home  >>  じぶんデザイン学部  >>  じぶん講座  >>  2016/5/26マイルドキャリア講座4回目レポート「『わたしの弱み』を活かそう」

2016/5/26マイルドキャリア講座4回目レポート「『わたしの弱み』を活かそう」

2016年6月13日 | じぶん講座,開催レポート

リベルタ学舎企画運営チームの山本です。
全6回のマイルドキャリア講座では、「わたし自身」にとっての幸せな働き方やキャリアについて考えています。
講師はキャリアカウンセラーの増田明日香さん。
マイルドキャリア=「選択の基準を自分に持ち、自分や家族に優しく幸せであることを核として、社会とつながりながら生きていくこと」という、増田さんの思いをじっくりと感じ、仲間と一緒に考えていける講座です。

前半3回は基礎編として、自分の価値観や得意、さらには、これまで、これからのキャリアを通して、自分自身が大切にしたいことを考えてきました。
後半3回はその実践編。これまで考えてきたことを、視点をすこし外に向け、どう実現していくかということに取り組みます。

第4回のテーマは「弱み」を活かす。今回はリベルタ学舎代表の湯川カナさんが、講師となってワークと講義が行われました。
「弱み」を否定するのでもなく、克服しようとするのでもなく。
それで、いいんだよ。
そんなあなたが、かわいいんだよ。
自分自身やそのひと自身の存在をそのまま受け容れることを根底に、ワークが進められていきました。
「弱み」があるからこそ、結んでいける周囲との関係性や考え出せる新しい解決策。

自分が困っている「弱み」を語っているのに、なぜかとっても楽しくて笑顔で過ごせる、そんな時間になりました。

参加された方からは
・ずっと「助けて」と言えなかった。いま、弱い存在である赤ちゃんがいることで、周囲とより関係性をつくれる状況にいるのかなと思う。
・そこにいるだけでいいと今思えている。また日常に戻ったときに、「自分があかん」ではないと思えるきっかけになれば。
・自分から行ってないのに、シャッターを開けてきてくれる人をずっと待ってた。行かないと答えてくれないと気づいた。相手のために、あえて負けてみる、お願いしてみるのって大事だと感じた。
・講座を通して、中身の濃い変化が続いている。自分で自分のことをOKと言えたらいいと分かってきた。
といった感想をいただきました。

「弱みを含めた自分をまるごと受け容れることで、ひとのことも受け容れられるようになる」
ついつい頑張ってしまって、自分にも相手にも求めすぎてしまうわたし自身にとって、気持ちの真ん中に置いておきたい大切な経験となったと感じています。

残りの講座もとても楽しみです!!