講演・その他のイベント

Home  >>  講演・その他のイベント  >>  【7月1日〜】企画・編集・ファシリテーション。 3つの専門講座「なりわいアカデミー」始動。

【7月1日〜】企画・編集・ファシリテーション。 3つの専門講座「なりわいアカデミー」始動。

誰かを幸せにするのには、技術が必要だ。
あなたにしかできない仕事をつくる技術を学び、仲間とつながる。

 

仕事をするというのは、喜びだ。
誰かを幸せにして自分も幸せになる。あら、嬉しい。

誰かを幸せにするのには、技術が必要だ。
技術を学んだうえで、「自分にしかできない」価値をつくり続けることで、「あなただけの」仕事が生まれる。

だから「あなたにお願いしたい」と、名指しで言われるひとになる。

リベルタ学舎では「誰にでもできるようになる」スキルは教えられません。
だけど、他の誰でもない、あなただからできる仕事、あなたにしかできない仕事をつくっていくための、技術を学ぶ場と、仲間とつながる場を提供できます。

2020年7月から始まる内容は3つ。
①対象が、自分自身では知らなかった「素敵」に気づくきっかけをつくる、企画。
②自分がいることで、これまで無関係だった両者のあいだに愛が生まれる、編集。
③参加者の主体性を引き出し、場の力を最大化させる、ファシリテーション。

どれも、きっと、あなたと誰かを幸せにする仕事。
きっと、「あなただけのやり方」が生まれてくる仕事。
あなたの未来を切り拓く技術を、ぜひ、手に入れてください。
(そして、その後、よかったら一緒にやりましょう!)

 

 


 

▼なりわいアカデミーとは

本質から伝える講師から、一生使えるスキルを学ぶ。リベルタ学舎クオリティ。
7月はオンライン実施。グループでのフォローアップあり。
希望者には、終了後、実際にやってみながらスキルアップするOJTも用意。

 

▼ 概要

日時:
 ①編集/7月1日(水)〜午前10時~12時、第1週(1日)を無料公開/講師:有田佳浩
 講義の詳細はこちらから:http://lgaku.com/index.php/event/hensyu_dojo/

 ②ファシリテーション/7月2日(木)〜10時~12時、全4回(2・9・16・30)/講師:鴨谷香
 講義の詳細はこちらから:http://lgaku.com/index.php/event/facilitation_seminar/

 ③企画/7月3日(金)午前10時~12時、全4回(3・10・17・31)/講師:湯川カナ
 講義の詳細はこちらから:http://lgaku.com/index.php/event/kikaku_zemi/

場所:

 Zoomによるオンライン実施(期間中はオンラインでのフォローアップあり)


▼講師プロフィール


■有田佳浩(編集者・コペルニクスデザイン代表・兵庫県編集デザインディレクター)

大阪を拠点とする辣腕編集者。大学在学中に編集プロダクションを立ち上げ、ファッション誌「Vivi」「POPEYE」「Hanako West」、情報誌「ぴあ」「ゼクシィ」「じゃらん」等、数々の雑誌で特集記事等を手がける。日本初のラブホテル特集を手がけるなど、業界の常識を覆してきた。 近年は、事業者の価値を市場に新たに創出するプロデュースで、クライアントから圧倒的な信頼を受ける。2018年より、兵庫県編集デザインディレクターも兼任。

 

■鴨谷香(キャリアコンサルタント)

神戸大学大学院人間発達環境学研究科修了、ワーク・ライフバランス社コンサルタント修了。「ジェンダー等での差別なく個人がいきいきと活動できる社会」を目指す。パソナ等に勤務後、兵庫県立大学や神戸女学院大学で地域キャリア論やキャリアの授業の講師をつとめる。また、ひょうご仕事と生活センターや神戸商工会議所で、ワークライフバランス講座の講師も担当。学術的な理論と、多様な現場経験を背景とするファシリテーションで、企業からNPOまでジャンルを問わず活躍する。


■講師紹介:湯川カナ(一般社団法人リベルタ学舎代表・なりわいカンパニー株式会社代表・兵庫県広報官)

早稲田大学在学中、孫泰蔵氏(現シリアルアントレプレナー)の学生起業に参加した縁で、Yahoo! JAPAN創設メンバーとなる。数億円分のストックオプション権を返上し、言葉もわからないスペインへ移住。10年間、「ほぼ日刊イトイ新聞」をはじめフリーライターとして活動する。

帰国後は、縁もゆかりもない神戸で、女性や若者の社会参画を推進する学びの場「リベルタ学舎」を設立。地元企業や行政との連携も手がける。2020年5月、地域の事業づくりコミュニティ「なりわいカンパニー」設立。2018年4月より兵庫県広報官。著書4冊。  

「自分の幸せを実現しながら、みんなの幸せも実現する」新しい個と公共の在り方を考え、実践し続ける。ということで、本を出せば『「他力資本主義」宣言ー「脱・自己責任」と「連帯」でこれからを生きていく』(徳間書店)、『協働のための広報ガイドライン』(兵庫県)、インタビューに答えれば「勝たなくても幸せになる方法」(NewsPicks)、プレゼンをすれば「弱さを軸にした強いチームづくり」(TEDxKobe)。




▼湯川カナが、「なりわいアカデミー」に込めた思い

大人の毎日のすることは「働く」だ。
「働くこと」そのものが、誇りを持てて、希望を持てて、喜びを感じられるものじゃないと、幸せには生きられない。

「働く」で、人間の泉源に触れる。
「働く」で、世界とつながる。
「働く」で、他者と慈しみあう。

それが、私たちがしたい、「働く」。

それは、与えられるものではない。
つかみにいかなければならない。
ある日、大きな喜びを受け取ることができる自分自身へと、鍛えなければならない。

誰かを幸せにする。それによって自分も幸せになる。
そんな技術を、しっかりと手に入れる。
自分の未来を切り拓く、「働く」を手に入れるために。

 

■お問い合わせ:
一般社団法人リベルタ学舎 info@lgaku.com 078-599-9381

 

日時20200701 15:00~17:00
場所オンライン

Sorry, No map.

参加費詳細は各講義ページを参照ください。
備考