講演・その他のイベント

Home  >>  講演・その他のイベント  >>  《2019年11月1日》伝わる、相手が動く。「巻き込む」広報とプロジェクトをつくれ!/協働アカデミー(※学生無料)

《2019年11月1日》伝わる、相手が動く。「巻き込む」広報とプロジェクトをつくれ!/協働アカデミー(※学生無料)

☑ これからの時代の行政・企業・NPOに必要「伝わる」広報、受け手を当事者として「巻き込む」広報を、基礎講座と実践ワークショップで1dayマスター。
☑ 講師は雑誌やウェブから企業ブランドまであらゆる広報を長年行い、昨年から兵庫県編集デザインディレクターもつとめる、凄腕編集人。
☑ 「協働しながら協働を学ぶ」。神戸市幹部職員10名はじめ、地域企業社員、個人事業主、学生等と一緒に学ぶ機会です。今後のつながりにもご活用ください。
市場にファンやサポーターを創り、共に事業を成長させていく。様々な立場の人と力を合わせて価値をつくっていく「協働」の時代に欠かせない”巻き込む”広報やプロジェクトの作り方を、基礎講座と、実際に産学官民で協働する実践ワークショップで、一気に学びます。
 
▶内容
10時~12時 「巻き込む」広報のつくり方・総論(講師:有田佳浩・湯川カナ)
13時~14時半 広報実践ワークショップ(1)
15時~16時半 広報実践ワークショップ(2)
 
▶講師
■講師1:有田佳浩氏(コペルニクスデザイン代表/兵庫県編集デザインディレクター)
大阪を拠点とする辣腕編集者。大阪大学在学中に編集プロダクションを立ち上げ、ファッション誌「Vivi」「POPEYE」「HanakoWest」、情報誌「ぴあ」「ゼクシィ」「じゃらん」等、数々の雑誌で特集記事等を手がける。 近年は、チラシやウェブの広報媒体を通じて業界の常識を覆し、事業者の価値を市場に新たに創出するプロデュースで、クライアントから圧倒的な信頼を受ける。2018年より、兵庫県編集デザインディレクターも兼任。 

■講師2:湯川カナ(リベルタ学舎代表/兵庫県広報官)
早稲田大学在学中、孫泰蔵氏(現シリアルアントレプレナー)の学生起業に参加した縁で、Yahoo!JAPAN創設メンバーとなる。数億円分のストックオプション権を返上し、言葉もわからないスペインへ。10年間、「ほぼ日刊イトイ新聞」をはじめフリーライターとして活動。帰国後、女性や若者の社会参画と仕事創出を実現する「リベルタ学舎」を設立。地元企業との連携事業、学生交流拠点等を手がける。2018年4月より兵庫県広報官。著書4冊。 

 
▶詳細 
  ▼<伝わる、相手が動く。「巻き込む」広報とプロジェクトをつくれ!/協働アカデミー>(詳細)
・日程:11月1日(金)10時~17時
・会場:コミューン99(神戸市中央区江戸町100番高砂ビル6階)
・参加費:24,000円(税込26,400円/昼食・軽食・ドリンク代込み ※学生無料。アンケート欄に「学生」と書いてください)
・定員:一般20名
・お問い合わせ:一般社団法人リベルタ学舎 info@lgaku.com 078-599-9381
   
▼リベルタ学舎「協働アカデミー」今後のスケジュール(それぞれ、午前10時~午後5時に、3コマを実施)
・11月15日(金) デザイン思考:廣田章光氏(経営学教授/近畿大学)
 
  【2019年のテーマ「協働」について】
人口が減少する一方、ニーズが多様化する現代。マーケット・IT・地域を味方につけ、変わりゆく社会をリードするためには、自らの組織に閉じこもるのではなく、多様な主体と『協働』することで様々な分野の知識を集積し、共通の価値を創出していくことが欠かせない、と言われます。
そこでリベルタ学舎「その先の社会研究会」では、2019年度、企業・行政・個人・学生が最先端の知見を共に学ぶ『協働アカデミー』を実施します。本当に協働は必要なのか、必要だとしたらなぜなのか、それにはどうしたら良いのか……という概念から実践まで、テーマ別の全4回の講座と基調講演を通じて学んでまいります。 
日時20191101 10:00~17:00
場所コミューン99

【アクセス】
三宮駅(JR・阪急・阪神)から徒歩7分
参加費26,400円(税込/※学生無料)昼食・軽食・ドリンク代込み
備考

イベントレポートはこちら