講演・その他のイベント

Home  >>  講演・その他のイベント  >>  《2019年10月5日》仲野徹 「自分らしさ」、からの自由。 / 自由人博覧会  vol.002

《2019年10月5日》仲野徹 「自分らしさ」、からの自由。 / 自由人博覧会  vol.002

仲野徹 「自分らしさ」、からの自由。 / 自由人博覧会  vol.002

▶︎ 自由に生きる変人に、リアルに触れるトークイベント。
 
▶︎ 大阪大学医学部教授で、Natureに論文が掲載され、日本医師会医学賞を受賞し、元マイクロソフト日本法人社長・成毛眞氏が代表をつとめるノンノンフィクションレビューサイト”HONZ”に書評を書き、本もどんどん書き、天満天神繁盛亭でトークをぶちかまし、僻地を彷徨う。
 
▶︎当代きっての知識人・出口治明氏(APU立命館アジア太平洋大学学長)が「日本一自己肯定感の高い人」と太鼓判を押す仲野徹さん。
「死ぬ時に後悔しないためにどう生きるか。自分らしく生きることが必要だけど、自分らしさに拘泥されすぎてもあきません。」とのこと!
 
【この、同調圧力や標準化圧力が強い日本で、せんせはどうやって機嫌よく生き抜いてはるんですか?】(湯川)
 
偉いひとのはずなのに、偉くない。
不真面目な態度に見えて、ただ真面目にやってては到達できない成果を出す。
この嫉妬と標準化のうずまく日本で、自己肯定感の高さを自任しても憎まれない。
 

若かりし日にあの本庶研究室では苦労を重ねたりしつつ、各界のオーソリティーを煙に巻き続ける「医学会の高田純次(?)」の中身とは? ”個性的に生きる”の先駆者に、秘訣をうかがいましょう!

 

▶ ゲスト【仲野徹(なかの・とおる:大阪大学大学院生命機能研究科/医学系研究科・教授

 

1957年大阪市千林に生まれ育ちいまも住む。内科医として3年間勤務の後、京都大学医学部・医化学(本庶研究室)助手、講師などを経て、大阪大学微生物病研究所教授、2004年から現職。2012年、日本医師会医学賞受賞。研究内容をわかりやすく言うと、「いろいろな細胞がどのようにしてできてくるのか」。
日本でいちばん有名な書評サイトHONZの執筆メンバーであるほど読書好き、気がつけばアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロや”小チベット”ラダックに行っているほど僻地好き、義太夫語りを学んでいたかと思えば天満天神繁盛亭に登壇している。謎。

主な著書に『エピジェネティクス-新しい生命像をえがく』(岩波新書)、『こわいもの知らずの病理学講義』、『(あまり)病気をしない暮らし』(晶文社)、『仲野教授の そろそろ大阪の話をしよう』(ちいさいミシマ社)、『生命科学者たちのむこうみずな日常と華麗なる研究』(河出文庫)等。

 

 

▶ ホスト【湯川カナ(リベルタ学舎/コラムニスト)】は、仲野徹さんに聞きたい:「この、同調圧力や標準化圧力が強い日本で、せんせはどうやって機嫌よく生き抜いてはるんですか?」

仲野せんせは、「せんせ」です。こちらが相手を侮るからでも、向こうが謙遜するからでもなく、「なんだかそういう敬称をつけることで、敬して遠ざける感」がでる”先生”じゃなくて、親しみを込めて「せんせ!」

  仲野せんせとの出会いは、思想家・内田樹さんのところで。なんとも素敵に陽気なおっちゃんがいてるなあ、どこかで見たような……あ! ”土ダメ”の桂小枝さんに似てるんや!

で、ともかく、喋りがむちゃくちゃおもしろい。高座きいてるみたい。自分を落とす。そしてすごいのは、必ず相手も落とす(笑) 舌鋒鋭いとはこのことか。半分くらいは、相手を褒めちぎる。そしてそれ以上に自分を、何と言ったらいいのか、ちぎり褒める。んでも、そこにまったく嫌な感じがない。あ、”おもねり”とかが、ゼロだからかもしれない。

とことん、優しい。とことん、親身。年に一回ほどご自宅のバーベキューに、ムスメとお邪魔しているけど、小児科医の奥様も、まさに才媛といったお嬢様おふたりもお婿さんたちも、お母様も、めためたに優しい……ムスメに。「今度はお嬢ちゃんだけでおいで、お母さん要らんし」 たぶん本気。そこに、涙が出てくるような優しさを感じてしまう不思議。

私が、現代最高峰の知性のおひとり出口治明さんに初めてお目にかかったときも、「仲野せんせが共通の友人ということだけで、あ、これはだいじょうぶな方だと思いましたよ」と言われました。なんなんだ、仲野徹。

現代では稀有な知性といちびりが同居して服を着ているような仲野せんせに、一度、せんせが考えてはる自分らしさを聞きたいなー、と、ずっと思ってました。この、同調圧力や標準化圧力が強い日本で、せんせはどうやって機嫌よく生き抜いてはるんですか?

 

 
<自由人博覧会とは>
「100年時代を生き抜くためには、自らの名前で仕事をつくるのだ」と言われても、そんなひと、あまり見かけません。そこで、たまに遭遇する「これからの生き方」をすでにしている人に、来ていただくことにしました。
こういう生き方もあるのか! と、驚いたり笑ったり、勇気を得ていただけると、めちゃくちゃ嬉しいです。
 
<内容詳細>
・会場:コミューン99(地図)http://www.100ban.jp/map/index/(住所)神戸市中央区江戸町100高砂ビル601
・日時:2019年10月5日(土) 13:00~14:30
・参加費:2,160円(税込) 学生無料(先着10名)
(※)同日15時~17時、同会場で、「革命スナック/自分らしさ、ってなんなのさ。」(近日公開予定)(参加費4,000円(税込4,320円)飲み放題つき)を開催。仲野せんせにも、時間がゆるす限り参加いただきます。通しでご参加の場合は、合計5,000円(税込5,400円)の割引でご優待。アンケート欄で「通し参加」とお知らせください。
日時20191005 13:00~14:30
場所コミューン99

【アクセス】
三宮駅(JR・阪急・阪神)から徒歩7分
参加費2,160円(税込) 学生無料(先着10名) ※「革命スナック」と通し参加 5,400円(税込)
備考

イベントレポートはこちら