講演・その他のイベント

Home  >>  講演・その他のイベント  >>  《2019年7月10日》理解できない隣人とコミュニケーションし、協働プロジェクトを起こせ-大注目「リーナル式」を1dayマスター/協働アカデミー(※学生無料)

《2019年7月10日》理解できない隣人とコミュニケーションし、協働プロジェクトを起こせ-大注目「リーナル式」を1dayマスター/協働アカデミー(※学生無料)

【価値発見】  ますます多様化する時代に、マーケットや地域の様々な人・企業と共に、ニーズを発見しながら新規事業を創出する実践的な方法「リーナル式」を学びます

☑ 500以上の事業創出支援実績。りそな総研の地域協働手法「リーナル」を1日でマスター。
☑ まちの多様な担い手の”ギャップ”を解決し、相互理解を深め、未来を拓く新たなプロジェクトを創出。これからの時代の行政・企業・NPOに必須のセオリー。
☑ 講師はAERA「日本を突破する100人」に選ばれた銀行マン、全国を飛び回り産学官民連携を成功させ続ける、大人気の藤原明氏。
地域なら企業と行政と住民、社内なら管理部門と生産部門。これからの事業には、様々な専門的知見があつまる「協働」が欠かせません。

協働がうまくいくためには、コミュニケーションの成立が必要。ただ実際には、様々な立場のひとがそれぞれの意見を言うだけとなることも。

そこで、このようなコミュニケーション・ギャップを解決し、様々なひとがより幸せとなる協働をすすめるための手法として開発されたのが、「リーナル式」です。参加者それぞれの「見え方の違い」から共有し、課題を発見し、それぞれが持つ「強み」をマッチングさせて、協働を進めるセオリーで、これまで500以上の協働事業を実現しています。

今回はその手法を学ぶとともに、実際に行政・企業・NPO・学生が参加するワークショップを体験することで、プロセスをしっかり習得します。
(※リーナル=りそな+リージョナル(地域性)の造語)

■講師:藤原明氏(りそな総合研究所リーナルビジネス部長)
2000社以上にヒアリングしその潜在価値を再発見してきた銀行マンとして、産学連携・社学(地域)連携・官民連携による地域協働プロジェクト創出セオリー「リーナルプロジェクト」を考案。一例として大阪市24区のうち13区、大阪府33市9町1村のうち15市4町、埼玉県3市、愛媛県6市3町で、コミュニティ支援、企業・起業支援にかかわっている。
立命館大学経営大学院客員教授。大阪府まち・ひと・しごと創生推進審議会委員。“日本を突破する100人”(AERA)に選ばれている。


■企画プロデューサー・湯川カナ(一般社団法人リベルタ学舎代表)より
地域全体から自分の組織内にまで、いますぐ必要な「協働」。
まずはその手法を、理論と実践とともにガツン!と習得するには、この関西生まれの「リーナル」以外にはない、と考えました。
大阪のまちのおっちゃん・おばちゃん、頭の固い企業、柔らかすぎるクリエーター、そして前例が好きな行政。癖のある(それが当然の)「いろんなひと」が集まって思いをかたちにする事業を500も生み出してきた、圧倒的に現場主義のセオリーです。


講師の藤原さんは、「ホットでクールな」銀行マン。銀行入社初日に辞めようと思ったところから一念発起、本来、銀行マンが地域や企業で果たすべき役割をひとりでも実現していこうと、周囲から理解されない時期から、地域振興や共創のプロジェクトを企画し進めてきました。

FM802とのコラボや、繁盛亭スタートの資金集めなどの手法は、国内のみならず海外からも注目を浴び、2007年にはアメリカ国務省IVLP(インターナショナル・ビジター・. リーダーシップ・プログラム)に招聘されています。

「沸き立つ強い現場を創る」現場を、ぜひ体感してみてください!

▼<理解できない隣人とコミュニケーションし、協働プロジェクトを起こせ。-大注目「リーナル式」を1dayマスター/協働アカデミー>(詳細)
・日程:7月10日(水)10時~17時
・会場:コミューン99(神戸市中央区江戸町100番高砂ビル6階)
・参加費:25,920円(
昼食・軽食・ドリンク代込み ※学生無料。アンケート欄に「学生」と書いてください)
・定員:一般20名
・お問い合わせ:一般社団法人リベルタ学舎 info@lgaku.com 078-599-9381

▼リベルタ学舎「協働アカデミー」今後のスケジュール(それぞれ、午前10時~午後5時に、3コマを実施)
・7月10日(水) 価値再発見:藤原明氏(りそな総研)
・7月19日(金) IT/データ活用:宮崎光世氏(ヤフー株式会社)
・11月1日(金) 巻き込む広報:有田佳浩氏(編集者/兵庫県編集デザインディレクター)
・11月15日(金) デザイン思考:廣田章光氏(経営学教授/近畿大学)

【2019年のテーマ「協働」について】
人口が減少する一方、ニーズが多様化する現代。マーケット・IT・地域を味方につけ、変わりゆく社会をリードするためには、自らの組織に閉じこもるのではなく、多様な主体と『協働』することで様々な分野の知識を集積し、共通の価値を創出していくことが欠かせない、と言われます。
そこでリベルタ学舎「その先の社会研究会」では、2019年度、企業・行政・個人・学生が最先端の知見を共に学ぶ『協働アカデミー』を実施します。本当に協働は必要なのか、必要だとしたらなぜなのか、それにはどうしたら良いのか……という概念から実践まで、テーマ別の全4回の講座と基調講演を通じて学んでまいります。

 

日時20190710 10:00~17:00
場所コミューン99

【アクセス】
三宮駅(JR・阪急・阪神)から徒歩7分
参加費25,920円(税込/※学生無料)昼食・軽食・ドリンク代込み
備考

イベントレポートはこちら