白鶴御影校

Home  >>  白鶴御影校  >>  《2017年7月23日》☆受付終了しました☆【神戸発・食の本気話(マジバナ) 第1回】めぐみ・めぐる神戸食卓講座《白鶴御影校》

《2017年7月23日》☆受付終了しました☆【神戸発・食の本気話(マジバナ) 第1回】めぐみ・めぐる神戸食卓講座《白鶴御影校》

(7/12追記)
満員御礼につき、会場となる白鶴さまの計らいで、10席増席が決定しました!
参加ご検討中の方は、ぜひお早めのお申し込みをオススメいたします。

 
(7/19追記)
たくさんのお申し込みをいただきまして、本イベントの受付は終了させていただきました。
今後の神戸食卓講座は、9/24(日)・11/26(日)・1/28(日)・3/25(日)を予定しております。
コラボレーション先企業はまだお知らせできませんが、
今回のUCC様のように、神戸を拠点とする「食」の企業と「本気話(マジバナ)」を行います!
どうぞお楽しみになさっていてください。

 
神戸の豊かな「めぐみ」を、ふだんの家庭の食卓で、しっかりたっぷり楽しもう!
私たちの「食べる力」を高める、白鶴御影校「めぐみ・めぐる 神戸食卓講座」。
神戸を拠点とする企業の「食」のエキスパートと、白鶴酒造の「日本酒」のエキスパート。プロフェッショナルたちの知見の協奏に触れて、毎日の食生活をより楽しむ方法を発見するシリーズです。
2017年度第1回のコラボレーションパートナーは、UCC上島珈琲さん。
 
▼食事に合うコーヒーがある!? 
 UCCが誇るコーヒーのプロによる、知られざる飲み方&選び方レクチャー

 
コンビニやスーパーに並ぶコーヒーって、缶でも粉でも、いつ飲んでも、どこで飲んでも、同じ味。もちろんそれは、味のばらつきや品質の凹凸をなくすためにものすごく研究された、技術力の結晶です。
でも、それに慣れてしまって、忘れがちではありませんか。コーヒー豆が、農産物であることを。
農産物だから、収穫された土地や、そのときどきの気候によって、味わいが異なります。
収穫された後も、コーヒーの実から豆を取り出すときの加工の仕方や、深入り・浅煎りといった焙煎方法、ペーパードリップやプレスなどの淹れ方など、風味の分岐点がいくつも、いくつも。
レストランで聞かれる「食後の飲みもの」といえばコーヒーか紅茶だし、どうしてもコーヒーといえば「食後」のイメージがあります。
でも、それだけ風味の分岐点が多いコーヒーだからこそ、食前酒のように「食前」にいただいたり、料理に合わせて「食事中」に飲むのがぴったりなものもあるんですって!
逆に、スイーツに合わないコーヒーだって存在するのだとか。
 
「ネギトロに合うコーヒーも、あるんですよ」
そんなコメントも飛び出すUCCコーヒー博物館のコーヒーアカデミー専任講師・コーヒー鑑定士である中平尚己さんを講師にお招きして、「食後」はもちろん「食前」「食事中」のコーヒーの世界を体験してみましょう。
 
▼食事となら日本酒も負けない!! 
 白鶴酒造の利き酒鑑定人が、日本酒の風味の分岐点から、違いのわかる飲み方までレクチャー

 
風味の幅の広さといえば、日本酒だって負けてはいません。「純米酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」は、もとは同じお米からできています。
 
つくり方によって、発酵させるときの酵母によって、風味の分岐がいくつも、いくつも。
利き酒鑑定人の植田尚子(ナオ)先生に、日本酒の風味の分岐点と、実際に風味の違いがわかる利き酒の方法まで、教えていただきます。
 
▼実食!
 神戸産新鮮野菜たっぷりの和洋豪華ランチに、コーヒーと日本酒を合わせる、4番勝負!!

 
講座後も神戸の「めぐみ」をふだんの食卓で再現していただけるよう、今回、食事に合わせてお出しする日本酒/コーヒーは、どれも市販(または白鶴資料館/UCCコーヒー博物館で販売)されているものです。
日本酒/コーヒーと料理の協奏を、ぜひお楽しみください!
 
========================================
~白鶴御影校PRESENTS~ めぐみ・めぐる神戸食卓講座「神戸発・食の本気話(マジバナ)」第1回
 
■イベント詳細
 
1)利き酒鑑定人が教える、日本酒の「いろは」
2)UCCコーヒー博物館コーヒーアカデミー専任講師・コーヒー鑑定士が教える、コーヒーの「ABC」
3)日本酒&コーヒーのプロフェッショナルによるコラボ新提案:食前・食中・食後の日本酒&コーヒー概説
 
■食事 神戸産無農薬野菜・兵庫県産の肉や魚を用いたフルコース(旧居留地のレストラン・レニージョエルよりケータリング)
 
<予定メニュー:全8品>(※当日の入荷状況によって変更する可能性があります)
<前菜>
 ①神戸野菜の取り合わせサラダ
 ②神戸野菜と、小海老、生ハムの湯葉春巻き
<魚料理>
 ③和 鱧の照り焼き
 ④洋 鱧とパプリカのエスカベッシュ
<肉料理>
 ⑤和 丹波赤鶏の柚子風味焼き
 ⑥洋 丹波赤鶏のグリル バジルとチーズのソース
<御飯物>
 ⑦鯛飯の俵仕立てと香の物
<デザート>
 ⑧時季のフルーツバリエーション
 
■会場 「白鶴御影校」・白鶴酒造資料館
白鶴酒造資料館HP
〒658-0041 神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5(阪神住吉駅下車徒歩約5分/JR住吉駅下車徒歩約15分)
 
■日時 7月23日(日) 10:00~13:00
9:30より受付開始。(10:00より始まりますので、10分前には会場へお越しください)
 
■参加費 4,000円(税込4,320円)(日本酒&コーヒーのおみやげ付き)
※お子様には別途お弁当をご用意します。 500円(税込540円)(お食事が必要ないお子様は無料です)
 
■定員 20名→30名(満員御礼につき、10席増席しました!) ※先着順
 
※お子様も楽しんでいただけます。
 ・講座の時間は、お子様向けの食育アクティビティーを用意しています。ご参加者の年齢と人数により内容を調整いたします。
 ・お食事もご一緒にどうぞ!
 
■お申込フォーム
以下のお申し込みフォームより、お申し込みください。
(お子様とご一緒の場合は年齢、お弁当の有無もお知らせください)

※フォーム送信後、ご記載のメールアドレス宛に info@lgaku.com より自動返信メールが届きます。自動返信メールの送信をもって受付完了となります。(パソコンからのメール受信制限をされている方は、lgaku.comのドメインを受信できるよう設定をお願いします)
※もし送信後24時間経ってもメールが届かない場合は、 info@lgaku.com へお問い合わせくださいませ。
 
▼主催:白鶴酒造株式会社
(企画協力:リベルタ学舎)
▼会場:白鶴酒造資料館。
この土地だからこそできる酒造りを続けてきて、現在国内トップメーカーである白鶴酒造が、古い酒蔵を改造して開設しました。

日時20170723 10:00~13:00
場所「酒蔵の教室」白鶴酒造資料館

【アクセス】
阪神住吉駅下車徒歩約5分/JR住吉駅下車徒歩約15分
参加費4,000円(税込4,320円)(日本酒&コーヒーのおみやげ付き(予定)) ※お子様 500円(税込540円)(お食事が必要ないお子様は無料です)
備考下記よりお申し込みください!
お子さまご同伴の方は、〈備考〉欄より、お子さまの年齢・お食事の有無をお知らせください。
フォーム送信後、ご記入のアドレス宛に自動返信メールが届きます。info@lgaku.com からのメールが届くように設定をお願いします。 もし届かない場合は、お手数をおかけいたしますが info@lgaku.com へお問い合わせください。

イベントレポートはこちら

お申し込みはこちら!

イベント名
開催日
開始時刻
終了時刻
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号(必須)
備考