イベント情報

Home  >>  イベント情報  >>  《2020年9月16日・19日》2030年どう働く?~私の幸せな働き方へのアクション~

《2020年9月16日・19日》2030年どう働く?~私の幸せな働き方へのアクション~

男女協働△社会がいいな。

■ 属性を主語にして個人を語るのは、その人を殺すのに等しい。

小学校時代の「女性初の児童会長」に始まり、今年もうひとつ会社つくったときの「女性起業家」まで、いろいろと女性の冠かぶってます、湯川です。
兵庫県広報官として、某市の市議会議長にごあいさつしたときには、「美人は得ですな!」と言われました(思わずフリーズしたら、聞こえなかったと思われたのか、2回も)。

こういうときに語られる「女性」って、何なんでしょう?

似た経験があります。
かつて私はスペインで、10年間、移民でした。日本人であり、それ以前に「アジア人」です。
ある日タクシーに乗ったら、運転手に「お前は何人だ?」と聞かれました。

「日本人ですが?」と答えたら、「そっか、韓国人だったらここでお前さんを放り出すところだったんだがな!」と言われました(※当時、日韓ワールドカップで韓国がスペインに勝利し、スペインでは小さな韓国人バッシングが起こっていました)。
そのあと運転手は「そしてお前さんがもし中国人だったら、すぐさま国へ帰って二度とスペインに来るなというね。いや、中国人はタクシー乗る金はないか!」と言い、そこから噂で聞いただけの中国人悪口を続けました。

その日は私の隣に日本から来た母が乗っていたこともあり、争いが起きるよりは、と聞こえないふりをしてやりすごしましたが、めっちゃくちゃに後味が悪かった。

日本に生まれたのは、たまたまなのに。なんなんだ。
そして、女性に生まれるのも、たまたまなのに。なんなんだ。

主語が「女性は」「日本人は」という大きな「属性」になった瞬間、ここにいる個人が吹っ飛びます。タクシーの運転手にとって、あるいは某市の市議会議長にとって、「湯川カナ」はどーでもいい。

個人を、そのひとの属性を主語にして語るのは、その人を殺すのに等しい。
個人が主語で、属性として「女性」や「日本人」がある。
ちなみに、他にも「シングルマザー」や「ヤフー立ち上げメンバー」などの属性のすべてが、いま、私は大好きだよ。自分が女であることが嫌だった時期もあるけどね。
「男」も「女」も、属性のひとつ。
「男/女」でもある、それぞれの個人が、お互いに力を合わせて、めいっぱい幸せに生きられる社会がいいなあー。
たとえば図形の△だったら、個(individual)でもあるし、集まったら大きな図形にもなるし、なんだったら立体にもなるし、限りなく円や球に近づくこともできる。『男女“協働”△』がいいなあ。

■ 個人が主役となって社会に参画できるように。

そんなことを願い、これからの時代を生き抜く知恵を高める学びのプログラムを提供している、一般社団法人リベルタ学舎です。
今回は、「働き方」という切り口から、個人が主役となって男女問わず幸せに社会参画できる方法を、ワークショップ形式で考えます。
日本における男女共同参画の旗振り役をつとめる国立女性教育会館(NWEC)の今年度の「男女共同参画推進フォーラム」として採択されたため、今回は無料でご参加いただけますよ!
よろしければ、企業などの組織で担当者として女性活躍を進めたい方、あるいは住民と一緒に男女共同参画社会への新しい一歩を踏み出したい支援者の方、体感してくださいませ。
多様性社会における幸せな働き方の第一歩としての、男女共同参画、ぜひ一緒にやってみましょう!

(文・湯川カナ)

 


 

▼2030年どう働く?~私の幸せな働き方へのアクション~
企業・自治体向け男女共同参画プログラム体験版(NWEC公式プログラム/オンライン開催)

 

▼内容のポイント
・2030年のわたしが幸せな理想の未来ビジョンを描き、実現する一歩を踏み出す協働ワークショップ
・ビジョンから逆算して、今できる行動に落とし込んだマイアクションプランができる!
・「全員複業」という多様な働き方の実践をもとに伝えられる「幸せな働き方」のリアルな工夫や考え方を知る
・参加型だから楽しい!理想の働き方が言語化される!

企業・自治体向けプログラム(※)の一部であるワークショップを体験
※実際のプログラムではワークショップ→理想の働き方ビジョン共有化→アクションプラン策定→プラン実行→広報までトータルサポート

▼プログラム内容
【1】セミナー「バックキャストで考える2030年の社会の変化とは?」
【2】ワークショップ「理想の働き方を実現するアクションプラン」

 


 

▼開催概要

<日時>
(1)2020年9月16日(水)10:00~12:00 <定員になりました>
(2)9月19日(土)19:00〜21:00

(※【ご留意ください】両日とも同じ内容です。どちらの回にご参加かお選びください。)

<定員>
各回20名

<開催方法>
オンライン(Zoom)

<お申し込み>
下記のリンクよりお申し込みください。
https://bit.ly/3jpDRIJ(外部リンク)


▼【進行役】
キャリアコンサルタント|鴨谷香よりコメント

こんにちは!
「2030年どう働く?~私の幸せな働き方へのアクション~」ワークショップを担当する一般社団法人リベルタ学舎のキャリアコンサルタントである鴨谷香です。
改正女性活躍推進法による行動計画策定義務化等など待ったなしの「働きやすい環境づくり」。
表面的な制度などを整えるだけではなく、チームのメンバーそれぞれが自分の価値観に気付き、理想を描いて未来を考える主体的な参加が必須です。
また、新型コロナウィルスの感染拡大やAIの発達など、私たちはこれまでに経験したことがない変化に富んだ正解のない時代に直面しています。
過去の実績や現状の課題から積み上げて未来を予測することが困難な現状では、社会や自分自身のありたい姿から逆算する=バックキャスティングでのアプローチが有効と言われています。
リベルタ学舎では、「全員複業」という多様な働き方の実践から得た知見をもとに、個人がそれぞれの仕事を通じてそれぞれの幸福を追求し、またお互いの幸福を尊重することを実現するチームづくりのプログラムを独自開発しています。
今回はそんな私たちが企業や自治体向けに開発したオリジナルプログラム、リベルタ式ワークショップの一部を特別にNWEC(※)の「男女共同参画推進フォーラム」にて、オンラインで体験していただきます。
男女共同参画や女性活躍推進に個人的にご関心がある皆様、担当者として取り組む皆様、また中間支援をされる皆様に、男女共同参画社会の基礎となる「自らの意思による社会活動参画」そして「これからの多様な働き方づくり」を楽しく体感していただき、またワークショップの進行や設計についてもヒントをお持ち帰りいただけますと幸いです。
(※)NWECとは:独立行政法人国立女性教育会館(NWEC)は、日本唯一の女性教育に関するナショナルセンター。教育・学習支援を通じた男女共同参画社会実現のための推進機関。
本プログラムは、同団体の令和2年度「男女共同参画推進フォーラム」に採択されています。

■鴨谷香(かもたに かおり)
キャリアコンサルタント

「ジェンダー等での差別なく個人がいきいきと活動できる社会」を目指す。パソナ等に勤務後、兵庫県立大学や神戸女学院大学で地域キャリア論やキャリアの授業の講師をつとめる。兵庫県内男女共同参画センターで今まで20回にわたり、女性の就労継続や再就職に関連する講座を担当。学術的な理論と、多様な現場経験を背景とするファシリテーションで、企業からNPOまでジャンルを問わず活躍する。

 


▼パラレルコミュニティコーディネーター|岩田 加奈美(いわた かなみ)


人と<情報×場×チャンス>が有機的につながり新しい価値が生まれる、想いを形にする人が増える場づくりを仕事にすべく、2019年2月からフリーランスのキャリアを開始。
パラレルコミュニティコーディネーターとして、自律分散型社会における地域社会を通じたライフキャリアの形成を目指している。
神戸を中心に複数のコワーキングスペース等の運営に参画し、キャリア、学生、SDGsなどをテーマとしたイベントやプロジェクトにて企画・運営・広報を担当する。

 

 

■お問い合わせ:
一般社団法人リベルタ学舎 info@lgaku.com/ 078-599-9381

 

 

 

日時20200916 10:00~12:00
場所オンライン

Sorry, No map.

参加費無料
備考【1】9月16日(水)10時-12時  【2】9月19日(土)19時-21時 (※)ご留意ください。両日とも同じ内容です。どちらの回にご参加かお選びください。