いいだしっぺ・湯川カナより

Home  >>  リベルタ学舎について  >>  いいだしっぺ・湯川カナより

ごあいさつ

kana
こんにちは。リベルタ学舎の「言いだしっぺ」
湯川カナです。

「変化」の時代に、私たちは生きているのだなあ、と思います。
20年前、みんながスマホを持っているなんて、誰も考えませんでした。
少子高齢化で人口減の時代も、人類史上初めて。
20年後、いったい私たちは、こどもたちは、どんな世界に生きているのでしょう。

たまたま私は、ヤフー!創設という、IT時代の幕開けに立ち会いました。
たまたま、東京の地下鉄サリン、マドリードの列車爆破という、ふたつのテロの現場近くに居合わせました。
言葉も話せなかった外国に10年暮らし、出産と育児をするという経験もしました。

そこで実感したのは、私たちは十分に、生きる知恵と力があるということです。
社会の大きな変化、災害、生活環境の変化……。
でも私たちは、その場面で必要な力を発揮し、お互い助け合って、生き延びてきています。

いや、そのなかで「私」は、動けなかったひと、でした。
会社を辞めたときも、テロのときも、呆然とその場に立ち尽くしていました。
赤ちゃんが生まれたときも、「授乳の仕方、まだ習ってない!」と騒いでいました。

「だいじょうぶ、あなたはアニマル。赤ちゃんもアニマル。
あなたたちは、どうすれば良いか、ちゃんと知っているから」
スペインの看護師さんの言葉にとても勇気づけられて、いま、ここにいます。
人間を信じ抜く、あのあたたかく力強い言葉を、日本で贈る場所をつくりたいと始めたのが、リベルタ学舎です。

変化しつづける今日を生き抜くために。
そして、自分が、みんなが、より幸せでいられる明日をつくるために。
あなたが主役となって、学び、実践し、そして仲間と出会っていく場です。
よろしければ、一緒にいかがですか?